焼鳥金富士@札幌・狸小路で、
焼鳥+男山ほか。
4420円なり。
札幌焼鳥呑み。

昨日はススキノの金富士だったが・・・
今回は狸小路の先の先にある”金富士”。
金富士

店内は7席程のカウンターにテーブルと小上がり。
カウンター横にはテレビがあって、ひとり呑みでも大丈夫。
(ただ、放映はファイターズ戦で、2回表で12−0で負けてるとか(^^;)

メニューはこんな感じ。
メニュー

焼鳥が2or4本で250円前後とリーズナブル。
他に210円〜450円一品ものがいくつか。
アルコールは瓶ビール(赤星)に日本酒のみ。

まずは”酒 男山(270円)”を冷やで。
男山

こちらも酒にはお通し付。漬物とさつま揚げ。
っで、2本縛りの様子(^^;

つまみは串から”かしわ(260円)”に”つくね(260円)”。
フードの注文は紙に書いて渡す方式。
かしわ・つくね

かしわは鶏肉と玉葱のネギマタイプ。
つくねはベーシックな団子型。
特に塩・タレの指定をしなかったら塩で。
値段もサイズもパクパクいける感じ。

”男山”追加で・・・
男山

今度は冷奴付。
追加からは2本縛りではない様子。

串も追加で”がつ(230円)”に”ぶた(260円)”。
がつ・ぶた

こちらも間にタマネギが挟まったネギマタイプ。
パクパクいけて、お酒がススム。

お酒をどんどん追加。
面倒なので2本まとめて注文したり(^^;
男山


食べる方もススムススムで・・・
”たん(240円)”と”あげ(210円)。
たんあげ

タンもタマネギマ。
揚げはふっくら厚め。

ドンドン酒は進み・・・
金富士

結局、お銚子10本。

酔いも回ってきたし、お腹も一杯になったのでここらで。

ガッツリ食べて、ガッツリ飲んでこの値段。
サラリーマンの聖地だね。
たぶん、フツーの人はこの半分ぐらいで済むんでしょうが(^^;

このあとはホテルも近かったこともあり寄り道なしで。

[店舗情報]
やき鳥 金富士 
営業時間:17:00〜23:00
定休日 :日祝
住所  :北海道札幌市中央区南二条西10丁目 狸小路10丁目
ウェブ :http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1014641/